読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売れ筋商品発見ブログ

ネットで見つけた気になる商品について書いていきます

豆知識 紫外線の種類と肌への影響は?

紫外線は、私たちの生活や健康にとても深く影響している光線です。

紫外線の有用な作用では、消毒作用、ビタミンDの合成、血行や新陳代謝を活発にする
などがあります。

しかし、皮膚にとって有害な面もあります。
長時間紫外線にさらされると、シミ、そばかすなど色素沈着を引き起こす要因となり、
肌の細胞を傷つけ老化を促す因子になります。

ひとことに紫外線といっても、その波長(光線の長さ)により作用がことなります。

紫外線の種類 UVA (長波長紫外線)
最も波長が長い紫外線で、表皮だけでなく真皮にまで達し、
メラノサイトの活動を活性化させる作用があります。
その結果、浅黒いような日焼けや、シミやそばかすの要因になります。

また、UVAは真皮の細胞に影響を及ぼして、肌の弾力やハリを支えている
コラーゲン、エラスチンを劣化させたり減少させる要因になるとも指摘されています。

UVB (中波長紫外線)

UVBの一部は真皮にまで到達しますが、ほとんどは表皮にとどまります。
長時間に渡ってUVBを浴びると、皮膚が赤くヒリヒリする紅斑を生じたり、
軽いやけど症状を引き起こすこともあります。

よく、海水浴に行って顔や背中が赤くなってヒリヒリするのは、UVBの作用というわけです。

私たちにとって紫外線は欠かせない反面、肌へのダメージ要因となることも
知った上で、紫外線対策をしていきましょう。